相続税申告のポイント | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

相続税申告のポイント

相続税申告のポイントについて知れば、色々なことが見えてきます。
事実、相続税に関しては、あまり経験することがないからなのか、興味がないというか知識がない方がとても多いです。
例えば、「相続税の申告が必要となります」と言われても、何をどうすれば良いのかわからなくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

▼ 目次

正しい知識が必要な相続税対策

正しい知識があれば対応できますが、知らなければまったく対応できないこともあるのが相続税の特徴となっています。
他の税金と比べて偶発的に発生する税金のため、納付の義務に関してもあまり考えていない方が多いです。
相続税も立派な税金なので、当然ですが納税の義務があります。
しかし、人によっては発生しなかったり放棄できたりすることもあるので、余計にわかりにくくしているのかもしれません。

まずは相続税のポイントをしっかりと覚えておくようにし、申告に関しても無理なくできるようにしておくことが重要となります。
最初に言っておきますが、勉強する気がないという方は、人生でそうそう何度も相続税を支払う機会があるということもないので、専門家に依頼するのも良いです。
面倒という方は弁護士や司法書士、信託銀行などに依頼して対応してもらうというのも良いでしょう。
ただ、知識として持っておくと、必要となった時には対応しやすくなります。
自分が相続するという場合はもちろんですが、例えば自分の子供や孫ができた時、その子たちに相続する財産や資産が生まれてくるかもしれません。
そうなった時、まったく無関係とは言えなくなります。
最低でも必要となる知識はあるので、基礎だけでも良いのでポイントを知っておくことは重要でしょう。

相続税を税理士に相談するには

期限について

まず、重要となってくるポイントが期限についてです。
基本的に相続税というのは、相続することが決まってから10か月以内に申告して納付しなくてはなりません。
申告と納税の期限が同じく10か月となっているので、その点だけは知っておくことが必要となります。
意外にも相続が決まってからドタバタしてしまって忘れてしまうこともあります。
例えば、両親が亡くなったことによって相続が決まった場合などは、他に葬儀の準備や墓石の管理なども必要となります。
そうなった場合、やはり相続税のことは頭になく、他のことでドタバタしてしまうことも多いです。
まずは期限だけでも知っておき、10か月以内には必ず納付するということを理解しておいてください。
万が一忘れていた場合は、追加で課税されることもあります。
それはやはり大変なので、ポイントとして10か月という点については知っておくようにしてください。

放棄について

また、相続の義務については放棄することも可能です。
例えば、両親から財産や資産の相続があった場合でも、少額だったりマイナスだったりする場合は放棄することも可能です。
そうなると相続税は発生しません。
借金やローンがある場合、それらを放棄して財産や資産も放棄することができます。
それらも駆使して、自分たちの生活をしっかり守っていくことが重要となるでしょう。
ちなみに、相続税の申告義務がある人は、相続した本人となります。
相続することが決まった時点で、その本人が申告する義務を持つことになるので、注意が必要となるでしょう。

非課税や控除について

その他知っておきたいポイントとしては、非課税や控除などです。
例えば、生命保険に入っている場合や障害がある場合などは、相続税の一部が控除されることもあります。
場合によっては全額控除となる場合もあるので、確実に生命保険や障害の有無などに関してはチェックしておくようにしましょう。
そうすることで、より相続の負担を減らすことができます。
もちろん、全額控除となる場合は、そもそも相続する遺産自体が少ない場合もあるので、どうするのがお得なのかについては、専門家に相談するのが良いかもしれません。

なお、相続税に関しては知らなければ損をすることが多いですし、知っていれば得をすることも多いです。
だからこそ、知識などはなくても良いと言う人がいますが、結局は知っておいた方が良いと言えるでしょう。
どうしても時間がなくて対応できない場合は、専門家に相談して対応してもらうようにしてみてください。
ただ、専門家も色々な相談に乗ってくれるので、自分の知識があるとより相談しやすいと言えるでしょう。

相続税に関しては、発生する人もいれば発生しない人も多いです。
近年は遺産がそこまでない家庭も多く、関係ない問題だと思っている方も多いでしょう。
しかし、放置していても良いことはないですし、いつ必要となるかもわかりません。
もしかしたら突然相続が決まり、色々と手続きが必要となるかもしれません。
そうなった時、対応できるようにしておくことは重要です。

さいごに

ポイントと言えば大袈裟かもしれませんが、基礎的なことだけは覚えておくようにしましょう。
余裕がある場合は応用的なことも覚えておくと良いかもしれません。
まずは申告と納税についての知識を身に付けていきましょう。