相続税の申告義務と非課税の枠 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税の申告義務と非課税の枠

相続税の申告義務と非課税の枠

相続税の申告義務に関しては、多くの方が経験するものだと言えるでしょう。
実際に多くの方が相続税の申告義務を受け、10か月以内に申告と納税をおこなっています。
納付までの期限が長いからと言って放置している方も多いです。
しかし、実際にはドタバタしていて忘れてしまうこともあるので注意が必要となるでしょう。

実際に相続税は金額も大きくなることが多く、人によっては「高くて払いたくない」と思うこともあるかもしれません。
事実、遺産に応じて相続税が決まってくるので、支払うことができないということはないでしょう。
しかし、払いたくない場合は非課税の枠を活用するという方法も頭に入れておくと良いかもしれません。

例えば、相続とは言っても何を相続するかによって相続税の対象となるかどうかが変わってくることもあります。
非課税となる枠があるのであれば、それを活用してみるというのも良いでしょう。
数百万円分の数十万円分が非課税となると考えれば、感覚的にも相当易くなると考えられるのではないでしょうか。
ここではあまり具体的な数字を出しても頭がこんがらがってしまうと考えるので、あえてわかりやすく説明しています。
非課税とはそもそも課税対象とならないものなので、その枠を利用すれば実際に支払う相続税の金額が小さくなると言えるでしょう。
まずは、それらを駆使してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、相続税の非課税枠に関しては細かく説明しているとかなり長くなってしまうので、気になる方は税務署に相談してみてください。
もしくは、弁護士や司法書士、信託銀行などに相談すると教えてくれることも多いです。
非課税枠があるという方は、それを活用して安い相続税で済ませましょう。
そうすれば、通常通り支払うよりは安くなることも多いです。
ただ、非課税枠に関しても色々な条件があるので、それをクリアしていることが必要となります。
そういう細かな点に関しても、相続問題に強い弁護士や司法書士などに相談しておく方が安心かもしれません。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新