相続税の申告義務と障害者控除 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税の申告義務と障害者控除

相続税の申告義務と障害者控除

両親が亡くなって相続が必要となった場合、本人に障害などがある場合があります。
身体に障害がある場合はもちろん、精神に障害がある場合もあるでしょう。
そういう場合は、障害者として認められた場合に限り、控除を受けることができます。
本来、両親などから相続を受けた場合、10か月以内に申告して納付することが必要となります。
それ自体は変わらないのですが、障害がある場合には、その相続税の金額も少なくすることが可能です。

例えば、障害があって働けないのにも関わらず、高額な相続税が請求されれば生活が困窮する場合もあるでしょう。
実際には支払えないということのない税率で計算しているので、多くの人は払うことができます。
しかし、住宅や土地などの不動産は価値も大きく、相続税が大きくなってしまうこともあるでしょう。

そんな状態のまま障害がある中で支払うというのは厳しいものがあります。
そんな時には、障害者控除を活用して、相続税を安くするという方法を選択するのが良いでしょう。
障害の度合いによっても変わってきますが、基本的に障害で悩まされている方は、通常の相続税よりも控除される分、安く済ませることができます。
もちろん、安くなるとは言っても、全額が免除されるわけではないので、実際には支払う必要の出てくる金額もあるでしょう。
しかし、障害があるのであればその枠を利用しないわけにはいきません。
障害を利用するというと聞こえは悪いですが、これは立派な権利だと思ってください。
そうすることで、より相続税の負担を削減できます。

控除の場合は、もともとの相続対象となる金額に対してのものとなるため、そもそも税金自体が安くなります。
まずは上手に活用して、全体的な支払いの総額が低くなるように調節していきましょう。
ただ、障害がある方がすべて対応するということは難しい場合もあるので、できる限りは専門知識のある弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新