相続税申告の際に債務がある場合 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税申告の際に債務がある場合

相続税申告の際に債務がある場合

相続税申告の際に債務がある場合、もしくは相続するもの自体が債務の場合であるという方もいるのではないでしょうか。
実際に相続税申告の際に債務がある場合は、そちらの支払いが優先となります。
もちろん、相続税は申告する期限が10か月以内と決まっていて、納付に関しても10か月以内となっています。
つまり、債務がある場合には気を付けておくことが必要となります。

事実、多くの方は債務を抱えていることが多いです。
両親が亡くなって相続が決まった場合でも、自宅のローンや借金などがあるという方も多いのではないでしょうか。
キャッシングしたものや奨学金など、必要に応じて債務を作ってしまった方も多いかもしれません。
そういう場合には、相続税の支払いも考えなくてはならないので注意が必要です。
なお、個人的な債務に関しては、相続税の控除や免除の対象となりません。
当然ですが「生活費に使うためのキャッシングで数十万円借りたから、相続税の支払いを数十万円控除してくれ」と言っても話は通りませんよね。

ただ、相続する内容の中に債務が含まれている場合は、放棄をすることも可能です。
例えば、両親のローンや借金が残っていた場合、相続自体を放棄して手放すことも可能となっています。
それを活用すれば、余計な負担を抱えずに済むことができます。
債務とは言っても、誰に返済義務があるのかについて考えてみると、対応の仕方によっては得をすることもあるのです。

ただ、それらの知識は持っていない方が多いので、専門知識がある弁護士などに相談するのが良いです。
弁護士は相続問題について強いのはもちろん、債務などに関しても対応してくれることが多いでしょう。
その他、司法書士や信託銀行などに相談することで対応してもらうこともできます。
上手に使って、債務と向き合っていくようにすれば、決して大きく損をするということはないので、まずは専門家に相談して解決策を見つけてみてください。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新