相続税で申告義務の放棄は可能? | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税で申告義務の放棄は可能?

相続税で申告義務の放棄は可能?

相続税で申告義務の放棄は可能かどうか気になっている方も多いのではないでしょうか。
実際に可能であれば、放棄したいと思うのが普通です。
なぜなら、誰もが税金を支払いたいとは思っていないためです。
ただでさえ多い税金を、相続を機にさらに支払うことになれば、不満が出てくることも多いでしょう。

しかし、結論を先に言ってしまうと、税金などに関して放棄することはできません。
税金が一度確定した場合に放棄しようとしても不可能なので、大人しく決まった税金を支払うことが必要となります。
相続税の場合も、相続することが決まり、申告した段階で納税の義務も発生するのです。
ただ、どうしても税金を支払いたくない場合は、相続自体を放棄するということは可能となっています。

相続すること自体を放棄すれば、そもそも相続するものがないので税金が発生することもありません。
相続税というのは、相続した場合に発生する税金なので、相続自体を放棄してしまえば、間接的に相続税を放棄することになります。
ただ、相続自体を放棄してしまう場合は、例えば両親が残してくれた住宅や土地、その他の財産や資産を手放すこととな
ります。
かなり少額のものであれば良いですが、不動産などの高額なものに関してはなかなか手放すこともできないかもしれません。
そこは、どれくらいの相続税になるのかを判断してみて、支払える範囲であれば相続して、しっかり相続税を支払うようにしてください。
逆に支払えないほどの規模であれば、相続自体を放棄してしまうというのも1つの手段となります。
それでも不動産などの高額なものをすべて放棄してしまうのはもったいないので、原則としては相続してしっかり相続税も支払った方が良いかもしれません。

それらの事柄について自己判断することは難しいので、専門の弁護士や司法書士に相談してみてください。
どの手段が一番最適なのかを教えてくれるので、放棄するか否かを考える指標ともなるのではないでしょうか。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新