相続税の申告義務と判定 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税の申告義務と判定

相続税の申告義務と判定

相続税の申告義務に関しては、どのように判定されるのでしょうか。
そもそも申告義務があるかどうかについては、どうやって判定しているのか気になっている方も多いかもしれません。
そこで1つの指標となるのが、相続するか否かという点です。

単純な話で、相続するものがある場合は相続税を支払うことが必要ですし、相続するものがない場合は相続税を支払う必要もありません。
そもそも相続税というのは、相続したものに対して判断をおこない、それに対して税率を用いて計算するものとなっています。
だからこそ、相続するか否かの判断によって、相続税の申告義務の判定もされると考えて良いです。

ただ、人によっては「どこからどこまでが課税対象として判定されるの?」と思うかもしれません。
これに関しては、資産価値があるものだと頭に入れておいてください。
財産や遺産に関しては、資産として価値があるものに対して相続税がかかります。
例えば、自宅にあるものの中でも、資産として価値のないものは、そもそも課税対象の判定はありません。
判定としてよく対象となるのが、住宅や土地などの不動産です。
両親から相続する場合、その多くは住宅や土地となります。
その他、貯金など現金を受け取る場合もあるでしょう。
現金はもちろん市場価値が決まっていて、その時代に合わせて判定されるため、当然ですが相続税も必要となります。
ただ、個人でそれらのすべてを判断することができないため、相続税申告書を作成する際には専門家のサポートを受けることをおすすめします。

どれに資産価値があるのかという点などに関してもわからないことが多いでしょう。
それなら、相続に強い弁護士や司法書士がいるので、そちらに相談して対応してもらいましょう。
自分で計算してもやはり間違ってしまうことも多いです。
だからこそ、専門家の知識が必要となるのです。
逆に言えば、専門家に相談すれば、相続税の申告義務や判定に関して、トラブル・問題が発生することもありません。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新