相続税の申告義務は国税庁が管轄 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税の申告義務は国税庁が管轄

相続税の申告義務は国税庁が管轄

両親などが亡くなり、相続が必要となるという場合も現代では多いです。
資産を築いてきた両親であれば、財産や遺産を残してくれることもあるでしょう。
しかし、そういうものを相続する場合は、相続税が必要となります。
「何でも税金を取りやがって」と国に対して怒りを覚えるかもしれませんが、これは法律で決まっていることなので、抗うことはできません。

相続の申告義務に関しては国税庁が管轄しているので、そこはしっかりと支払わないといけません。
実際に踏み倒すということは不可能です。
そもそも税金の場合は、ローンや借金とは違って、放棄することができません。
生きている限りは支払うことが必要となるものです。
相続するものがあるのなら相続税を支払うというのは、国が決めているルールでもありますからね。

そもそも管轄自体が国税庁ということもあって、全国の税金事情に関しては国税庁が把握しています。
ただ、国税庁がすべて対応しているというわけではなく、各都道府県の税務署が細かな仕事をおこなっているのです。
つまり、相続税の申告義務に関しては、国税庁が管轄しているものの、実際に支払う必要がある方は税務署への申告が必要となります。
税務署に関しては、それぞれのエリアごとに管轄があります。
都会であれば中央区や北区南区、東区西区のようにそれぞれの区ごとに管理している場合も多いでしょう。
自分が居住しているエリアを管轄している税務署に申告して、義務通りに納付が必要となります。
怪しい場合は税務調査が入ることもあります。→相続税の税務調査について
相続が決まった瞬間から申告義務と納税義務が発生するので、そこは十分に注意しておくようにしましょう。
なお、相続するものが特にない場合や相続を放棄する場合は、相続税も必要となりません。
その場合は申告義務も発生しないので、特に問題はないでしょう。

ただ、税金を支払う必要がある方に関しては、申告義務が必ず発生します。
普通に所得税などは会社が対応して申告しているのですが、本来は国民それぞれが申告して国に管理されているわけです。
相続税に関しても「申告しなくてもバレないか」と思っているかもしれませんが、支払うのが義務という時点で国税庁がマークしています。
そこは注意してください。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新