相続人の資格とは | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続人の資格とは

相続人の資格とは

農地や山林など特殊な遺産の多い相続が起きたとき、相続人の資格があるのは当然これら資産を必要とする方だと思えるかもしれません。
しかし相続人の資格とは遺産の内訳や種類で決まるのではないのです。
そのため農地や山林をまったく必要としない方が相続人に確定する可能性もあります。

知っておきたい相続人の資格ですが、これは故人と戸籍上の関係になります。
それがある方に相続人の資格があるのです。
しかし戸籍上の関係とは自分の意思で手に入れられるものとはあまり思えない方も多いでしょう。
結婚や養子縁組などで意図的に関係を作れることもありますが、多くの場合はもともとあった関係だと感じられますよね。

相続人の資格とはそのような戸籍上の関係で自動的に決まるため、農地や山林などをまったく必要としない方が相続人に決まることもあります。
具体的にどんな関係があると相続人の資格を得られるのかというと、まず相続人に確定するのは配偶者です。
故人と正式に籍を入れており配偶者といえる関係がある方は相続人に必ずなれます。
あとは本人の意思ですから、放棄などをしなければその配偶者は相続人に確定します。

配偶者以外に相続人になる資格があるのは、まずは故人の子供です。
子供が先に亡くなって孫が生きている場合は孫も相続人の候補者になることがあります。
これら子供や孫が誰もいなければ、次に故人の両親が相続人になれます。
このときに両親が先に亡くなり祖父母の誰かが生きているなら、その方が相続人の候補者になることがあります。

これら資格者が誰もいないとき、最後に候補者となるのは故人の兄弟姉妹です。
その兄弟姉妹が先に亡くなっており、甥姪が生きているなら、その方がやはり相続人の候補者になることがありますね。

相続人になる資格があるのはこれらの方となり、この中で優先順位に沿って相続人が正式に決まります。
ポイントはこれら戸籍上の関係になるため、農地や山林をまったく必要としない方が相続人に確定することもあります。

農地や山林を相続するのが自然な方がほかにいたとしても、戸籍上の関係で決まった相続人に相続の辞退などを要求することはできません。
たとえその方が農業や林業などしていなくても、本人が相続を希望するならその方にこれら資産が相続されます。
農地や山林の相続はこのようになっていますから、もし特定の対象者に農地や山林を相続させたいなら不備のない正式な遺言書でそのように指定しておくか、なるべく生前贈与で譲っておくかといった方法が有効です。

相続税の申告の注意点 | 11月20日更新