相続税の申告義務と生命保険控除 | 難しい?相続税の申告 生命保険から障害者まで

HOME » 相続税の申告の注意点 » 相続税の申告義務と生命保険控除

相続税の申告義務と生命保険控除

相続税の申告義務に関しては、相続する誰もが関係していると言えるでしょう。
実際にはなかなか相続税の機会がないので、知らない方も多いです。
多くの方は相続税が高くて、いかに節税するかを考えていることでしょう。
しかし、それよりも重要となるのが控除となります。

特にその中でも多くの方が対象となりやすいのが生命保険の控除です。
生命保険に入っている方は、その支払った分の控除を受けることができます。
控除を使えば税金を安くすることができるので、感覚的には安くなると覚えておくと良いでしょう。
事実、生命保険は生きていくために必要なもので、必要であれば支払うことによって救われることも多いでしょう。
そういうものに関しては控除の対象となることもあります。

どういうものなのかと言えば、例えば相続税が必要となった時、生命保険の控除額の方が大きければ、そもそも相続税は発生しません。
資産や財産が大きくなればなるほど相続税も大きくなるので、全額控除になるということは少ないでしょう。
ただ、両親の遺産などがそこまでない方は、生命保険の控除だけで対応できることもあります。
そうすれば、相続放棄することなく対応できるので、本来相続を諦めていたものも相続できる場合があります。
生命保険に加入している方は、その分を考慮して考えてみてください。
ただ、それに関しては知識がないと対応することが難しいこともあるでしょう。
その場合は、専門家に依頼することも考えてみてください。

特に控除などに関しては、一般人が対応しようとしても難しいことが多いです。
いくら相続税が必要となって、その中に生命保険があって、いくら控除されるのかという計算をしていると間違ってしまうことも多いです。
これらの計算に関しては専門家が対応してくれることも多いので、ぜひ活用してみてください。
なお、弁護士などが強いですが、司法書士や信託銀行などにも依頼することができるので、参考にしてみてください。

相続税の申告の注意点 | 07月29日更新